自分で考えた解決策

 31歳の主婦です。一番最初に分け目が広がっていることに気づいたきっかけは、写真でした。みんなと撮った集合写真の中で、私だけ分け目が広いというか薄毛になっていることが気になって仕方がありませんでした。

 それから、何気なく鏡に映った自分を見る度に髪の毛が気になって、どうしようもなかったのです。きっと原因は、いつも髪の毛を結んでいることと分け目を変えることがなく、いつも一緒であることだと自分で分析していました。また美容院に行くといつも地肌が日焼けしていることを指摘されていたので、それも原因なのではないかと思います。

 その原因を解決できれば、地肌や髪の毛にとってやさしい環境になるのではないかと考えたのです。まずは、髪の毛。結んでいないときや短く切ったときに髪の毛を下ろしている場合だとあまり気になりませんでした。しかし、職業柄、髪の毛を結ばなくてはいけなかったのです。髪の毛が邪魔になるので、いつもゴムできつく結んでいました。ゆるくなって、何度も結び直さなくてはいけない状況が嫌だったということもあります。ゴムできつく結ぶと、抜け毛が多い気がしましたので、シュシュで軽く結んだり、結ばなくても良いときは結ばずに過ごすよう心がけました。

 また分け目がいつも同じなので、くせがついてしまっていました。分け目を真反対にすると、とても違和感があるというか、落ち着かないと感じることも多く、初めは気になっていました。しかし、少しずつ分け目が違うことに慣れてきました。いつも同じ分け目だと、地肌もいつも同じ面がむき出しになっている状態なので、良くないのだなと思いました。

 そして、地肌が日焼けしていることについてです。これは帽子を被ったり、日傘を差したりして、直接太陽が当たらないようにしました。夏は特に紫外線が強く、顔や腕のように日焼けに対するケアが必要なのだと感じました。地肌には日焼け止めは塗れないけれど、他の肌よりも本来の地肌は白いのです。とても弱いので、紫外線から守ることで髪の毛にもダメージを受けさせることがないのだと思いました。

 今では、あまり薄毛が気になるこたがなくなりました。地肌や髪の毛にとってよいことを続けることで、改善されるのだと思います。たまにケアを忘れてしまうときもありますが、これから健康な髪の毛を維持できるように続けていきたいと思います。抜け毛など髪の毛や地肌のダメージによって起こると思いますので、時間をかけてケアをしていきたいです。