ストレスで薄毛に

 43歳の自由業です。自分の薄毛に気づいたのは16歳、当時は高校1年生でした。

 とにかく、髪の毛が1日にかなりの量が抜けました。知らないうちに髪の毛が抜けて服についてたりする事が多くなりました。最初は、髪の毛が長くて常に三つ編みをしてるから抜けやすくなったとばかり思ってました。

 次第に髪の毛に少し触っただけでスポッと抜ける事が多くなりました。髪の毛に指がひっかかっただけでも抜けてしまいましたので異常を感じました。特に分け目付近の髪の毛が抜けやすくなりました。鏡を見ますと分け目の広さが太くなってました。日増しに髪の毛の抜けた本数が多くなり分け目が日増しに広くなっていきました。

 当時私は、高校1年生でした。一応進学校に通ってました。一応私は、一流大学を目指してました。私は、正直一流大学を目指しつつも運良ければ合格できるという感じの成績でした。ですので夢を叶える為には人の倍の努力をしないとなりませんでした。学校から帰って来ると塾に行きました。塾から帰って来てから勉強をしますと深夜2時までは寝れない毎日だったと思います。肩こりや湿疹も出て来ましたのでかなりの睡眠不足から様々な不調が出ました。食生活は、野菜と魚が中心でしたので問題は無かったと思います。

 しかし、私には抜け毛の原因と思われる第一の理由があります。それはストレスです。当時の私は、中学時代に公立中学に行きイジメの対象にされました。友達だった人も自分もいじめられるのが嫌なので私を無視するようになったりして人間が恐くなりました。病院には行きませんでしたが心の病や対人恐怖症にかかっていたと思います。心の傷を負ったまま高校に進学しました。

 周りは私をいじめないと思いつつ心の傷の後遺症で退退陣恐怖を引くづりながらの高校時代は、友達ができませんでした。教室でひとりぼっちの高校時代は、かなりのストレスがありました。このストレスこそ抜け毛の原因だったと思います。

 大学に入り私と同じように中学でいじめにあい心の傷を負った人が数人いました。その人達は、変わった人ではありませんでしたので私も自分に自信が出て退陣恐怖症が嘘みたいに治りました。そして抜け毛も改善されて広くなっていた分け目も改善させました。

 薄毛の原因は、ストレスもあります。ですので自分が楽な物事の考え方をしてストレスを軽減できる生き方をすると抜け毛は改善や予防できると思います。

Tags:
usugetaiken