薄毛回復

 現在32歳の専業主婦です。薄毛になったのは、はっきりとはわからないのですが、おそらく24歳くらいの頃だと思います。際立った薄毛とか、誰もがわかる禿げている箇所があるというのではありませんでしたが、髪を上に持っていったときに頭皮が目立ったり、分け目が他の人よりはっきりしていたりして、いつの間にこんなに髪の毛が薄くなったのだろう?、と悩みました。

 薄毛を治そうと思いたち、私は実に沢山の方法を試しました。まず第一に改善したのは、アルコールを飲みすぎないということでした。その頃、私は銀座で水商売のアルバイトをしていたので、全く飲まないということはできませんでしたが、沢山アルコールを飲むことはどう考えても体に悪いので、多分頭皮にも悪いのではないかと思い、出来る限り控えることにしました。

 そして、毎日ヘアセットをするときも、ヘアスプレーやジェルは髪に悪いと思ったので、なるべく量を使わないで済むように、シンプルな髪型にしてみました。さらに、美容師さんが「分け目を毎日少しずつでもかえれば分け目が目立たないようになる」と言うので、そのようにしてもらいました。

 市販のシャンプーリンスはやめ、無添加の石鹸と酢で髪を洗うようにしました。市販のシャンプーリンスは髪を痩せさせてしまい、抜け毛の原因になると何かの本で読んだので、石鹸シャンプーに挑戦することにしたのです。

 最初は髪がかなりごわごわしてきたので、使うのをやめた方が良いかと迷いましたが、毎日頑張って石鹸で洗っているうちに、なんとなく髪がつやつやとして、元気になってきました。そして香料などでごまかさないぶん、匂いなとで自分の体調の変化がわかるようになってきました。もちろん、夜はどんなに疲れていても、必ず髪を洗ってから寝るようにしました。

 食事面では、ポテトチップスや甘いお菓子などは控え、髪に良いタンパク質を多く取るようにしました。とくに、鶏肉やお豆腐などを積極的にとるようにしました。

 それまで、あまり運動する習慣がなかったのですが、週に3回程近くのスポーツクラブのプールで泳ぐようになりました。

 そのうち、無事に水商売をやめることが出来たので、派手な茶色だった髪の毛を黒髪に戻し、髪を短くし、それ以降染めるのを一切やめることにしました。

 すると一気に髪が増えてきたように思います。やはり、水商売の精神的ストレスが髪に一番良くなかったのではないかと思いました。

 生活習慣の改善に取り組んで、大体3年くらいで薄毛が治ったように思います。

Tags:
usugetaiken