自分が薄毛になるとは思ってもみなかった

 毎日子育て、仕事、家事に追われ、いつの間にかアラカン49歳になってました。

2人の息子は大学生と高校3年の年子ですが、手のかかる時期は過ぎ、お金のいる時期に突入。朝5時起床でお弁当を作り、8時から事務員として5時まで働き、夜は夕食作り、息子達の迎え等忙しくしていたある日、会社の鏡と自分の手鏡で頭頂部を見るとなんと薄くなってるではありませんか。

 美容代を倹約するあまり、髪は伸ばしっぱなしで普段はバレッタで止め、白髪も多く市販の髪染めで染めてました。そのせいか、髪に全く栄養がなくバサバサになり、年のせいなんて悠長にしてたらこの有様です。早速会社休みの日に友人に相談したら、自分が行ってる美容室に行ってごらんとアドバイスしてくれました。その美容室は自然の漢方染めというのをしていて、値段もそんなに高くなかったので即決でしてもらいました。あとバサバサになってた髪も思いきり、切りました。いい色に染まり、ヘアスタイルも若返った感じです。気になる頭頂部もヘアカットの技術で気にならなくなりました。美容師さんは定期的に漢方染めすると毛も多くなりますよってアドバイスしてくれました。

 まさか自分の髪の毛がこんなに薄くなるとは思いもしませんでした。若い頃は髪質もしっかりして一本一本が太くツヤツヤの髪だったのに。まだ高校生位の頃、母の薄くなった髪を見て、自分はこうならないなって自信があったのです。でも年齢とお手入れを怠るとたちまちこうなると実感させられ非常にショックでした。こんな姿で昔の若くてまだ痩せてた自分の姿を重ね合わせまだまだ若い気でいたのに。悲しいですね。自分がおばあちゃんになっていくようで。

 だから美容代はあまりケチらずにひと月に1回は美容室に行くようにしました。家ではシャンプー、トリートメントをしてしっかり洗い流し、必ずドライヤーで乾かして寝るというのを徹底しました。ヘアスタイルは大好きなショートボブで。

 すると周りから若返ったとお褒め?のお言葉を頂き、自分自身生き生きと過ごす事が出来て前よりも元気で健康的になりました。髪だけではなく肌のお手入れも自分の経済状況に合わせ怠らないようにしたら少し肌もきれいになったみたいです。

 とにかく髪も肌もきれいにしておく事ですね。忙しさにかまけて面倒くさくなりお手入れを怠るとたちまち年齢を感じます。ストレスをためず、美容にも気を使い、来月50になるので生き生きと若々しい女性でいたいと思います。

Tags:
usugetaiken