頭皮のケア方法と食生活の見直しで薄毛対策

 私は、30代女性です。小学校の教師をしています。薄毛になっていると気が付いたのは、ポニーテールをして仕事に行ったある日のことでした。子どもと一緒に風の強い日に校庭を走り回って遊んでいたので、髪の毛が乱れてしまい更衣室で髪形を直していたときでした。

 サイドの髪の毛を上にあげた時に、櫛にそってバーコードのように地肌が見えているのに気が付きました。私はいつも朝起きてからシャンプーをするのが日課で、髪の毛に悪いと思いながらもきちんと乾かさずにアップにまとめていたので、しっとりとしていたせいか、薄毛になっているのにも気づかずにいたのですが、職場で髪の毛が乾いているときにヘアスタイルを整えていたら、驚くほどの地肌の見え方でとてもショックを受けました。自分では気が付かなかったけど、まわりからするととても目立っていたのかと思うととても恥ずかしくなりました。幼いころはかなりの剛毛で、毛が多いのが逆に悩みだったくらいなのに、まさか薄毛に悩む日がこようとは思ってもいなかったので、何事かとドキドキしてしまいました。

 その時には、上にあげるのをやめて髪の毛を下ろして一日を過ごして何とかやり過ごしました。下ろしている状態ではほとんど分からないのでしばらく、職場にも髪の毛を下ろしていくことに決めました。しかし、職業柄、女性の先生たちは髪の毛はまとめていたほうがよいということもあり、対策を考えました。

 まずは、美容院に相談に行きました。すると、美容師さんが髪の毛が生えてくるようにするには頭皮の地肌のマッサージをしてみるとよいと教えてくれたので、そのマッサージをいつもお風呂につかりながらするようにしました。頭皮をしっかり動かすことが大切だそうで、そうすると血行が良くなって頭皮に栄養が回り、髪の毛が生えてくるようになるとのことでした。

 また、シャンプーの仕方も変えました。まずはお湯でしっかり洗い、毛穴を開かせて汚れや皮脂をきちんと落とすことが大切です。毛穴にこれらがつまっていると毛は生えにくくなります。洗うときには爪を立てて頭皮を傷つけないように、指の腹でも見込むように洗いました。頭皮はとても弱いのですぐに傷がついてしまうからです。

 また、首の裏にあるツボやこめかみのあたりを押すのも効果があるということでツボ押しもしました。育毛には納豆や野菜、レバーやナッツ類が非常に良いと聞いたのでそれらのものを意識してたべるようにしていました。

 それに加えてできるだけ髪の毛をきつく結ぶのをやめて、髪の毛に負担をかけないように心がけました。1年くらいたつと、その効果は少し現れていました。あの時にくしを通して地肌が見えてしまったのが薄くはあってもそこまではっきりとは見えなくなっていました。今でも、薄毛対策は続けるようにしています。

Tags:
usugetaiken