友達に薄毛を指摘されて改善策に取り組みました

 私は55歳の専業主婦です。今は夫と2人でのんびり過ごしています。しかし最近、つい髪や肌のケアがおろそかになりがちで、自分でも気をつけなければいけないなと思っていました。

 そして数か月前のことですが、久々に昔の友達と女子会をやり、それなりにお洒落をして出かけました。友達の中には仕事をしている人もいますし、皆年齢なりに、気を使っている様子がうかがえました。メインの食事会が終わって、二次会でお茶を飲んでいたところ、話題が髪型のことになりました。そういえば最近細くなったとか、抜け毛がひどくなったと話しているうちに、一人が私の頭をちらっと見て、Aちゃん、髪の毛が薄くなったんじゃないのと言いました。昔からの友達同士といえ、これはちょっとショックでした。

 その友達は慌てたように、薄いというより細くなった感じかなと言い直してくれました。しかしその夜、洗面所の鏡で髪の毛をチェックしたところ、確かにボリュームが減っているように見えます。気になったので、その翌々日に美容院に行き、髪の状態を見てもらいました。美容師さんの話では、頭頂部から後頭部にかけて、いくらか細くなっていて、そのために薄く見えること、地肌が透けるほどではないこと、ウィッグなどもあるが、このくらいなら自分で改善できるということでした。

 まず自分で治してみようと思い、普段の生活を変えてみることにしました。ネットで情報を収集したところ、髪にいいのは海藻だけではなく、レバーや納豆、高野豆腐などもいいことがわかり、またナッツやフルーツも効果があることがわかりました。これは夫の薄毛予防にもなると思い、和食中心のメニューに変えて、逃避によくない、脂肪分の多い食事を減らすようにしました。

 それから、シャンプーや洗い方も変えるようにして、シャンプーはアンチエイジング効果のある物を選び、また薄毛は頭皮にも関係があるといわれ、ヘアトニックも使うようにしました。最初は夫が使っているのを借りようかと思ったのですが、刺激が強いため、女性用のを別に購入し、シャンプー後に使うことにして、1か月ほど経った頃、髪に張りが出て来たような気がします。

 これはいいと思って、その後もこの習慣を続け、先週カットに行ったところ、随分張りが出て来ましたねと驚かれました。その美容師さんのアドバイスがあったからこそなのですが、何といっても、女子会の時に薄毛をしてくれた友達には、はっきり指摘してくれて本当に感謝しています。

usugetaiken