不健康な食事制限ダイエットで薄毛に

 38歳の専業主婦。私の 不健康な食生活になってしまったのは、ちょうど2年前になります。その頃は 産後太りもあってすごい太っていましたから、その年の夏までには絶対にダイエットを成功する!女性らしい体型になりたい!と思ってダイエットを始めたのが理由です。

 まず、ダイエットをするには食事を改善することが、1番早く効果が期待出来そう!と考えましたから太る原因に なる炭水化物と油を抜くことにしました。お米、パン、麺類も、お肉、油を使用している調味料もです!。

 そして、健康にも身体にも良い、と思ってですね、野菜と豆腐ばかりを毎日食べていました。汁物にしたり、鍋にもしてみたりと、約3ヶ月くらい 炭水化物も 油物もやめていましたね。この食生活をしてダイエットをしていました。

 確かにです、ダイエットは成功していました。短期間で一回りくらいは脂肪がなくなって、 痩せられましたから。そして半年くらいした頃にはですね、油分が足らないせいでしょうか?、肌が カサカサになってしまってですね、ポロポロと粉が吹くようになってしまって。さらには、髪の毛?頭も乾燥が酷くなってしまって、ちゃんと毎日シャンプーをしているんですがポロポロと 粉が吹くようになってるし、一緒に髪の毛も落ちるんですね。毎日です 頭皮が カサカサに乾燥して痒くて、かいてしまいます。

 そしたら一緒に髪の毛も 落ちる。ヤバいなぁ、とわかっているけども痒いからかいてしまいますそしたら髪の毛も なぜか?抜けました、そして、しばらくは そんな状態でした。

 頭皮湿疹用の薬を塗ると少し治まりましたねそして、薬を鏡を見ながら頭皮に塗っていた時にです、あちこちに禿げが出来ていたんです。特に痒みが酷くて良くかいていた場所でした。かいていた時に、一緒に髪の毛が抜けましたが、まさか禿げが出来てしまうくらい抜け毛が酷かったことに、その時に気が付きました。もう、まばらな感じで左右の耳の後ろ側、左の頭頂部分、右側のおでこの生え際も禿げてました。大変な事態に焦りました。

 油分不足で頭皮も乾燥してしまい、痒みと同時に髪の毛まで、抜けて禿げてしまったので、油分抜きを やめて普通の食生活に戻しまし。それから、皮膚科を受診しに行きました。頭皮湿疹を治す 病院の薬を使用して完治してからも、抜け毛が続いていましたから。抜け毛に効果がある、女性用、薬用のシャンプーに変えました それと一緒にです、育毛剤を使い始めました今は、少しですが ところどころに、短い毛が生えて来てくれました長期戦で頑張りたいと思います。

usugetaiken

薄毛回復

 現在32歳の専業主婦です。薄毛になったのは、はっきりとはわからないのですが、おそらく24歳くらいの頃だと思います。際立った薄毛とか、誰もがわかる禿げている箇所があるというのではありませんでしたが、髪を上に持っていったときに頭皮が目立ったり、分け目が他の人よりはっきりしていたりして、いつの間にこんなに髪の毛が薄くなったのだろう?、と悩みました。

 薄毛を治そうと思いたち、私は実に沢山の方法を試しました。まず第一に改善したのは、アルコールを飲みすぎないということでした。その頃、私は銀座で水商売のアルバイトをしていたので、全く飲まないということはできませんでしたが、沢山アルコールを飲むことはどう考えても体に悪いので、多分頭皮にも悪いのではないかと思い、出来る限り控えることにしました。

 そして、毎日ヘアセットをするときも、ヘアスプレーやジェルは髪に悪いと思ったので、なるべく量を使わないで済むように、シンプルな髪型にしてみました。さらに、美容師さんが「分け目を毎日少しずつでもかえれば分け目が目立たないようになる」と言うので、そのようにしてもらいました。

 市販のシャンプーリンスはやめ、無添加の石鹸と酢で髪を洗うようにしました。市販のシャンプーリンスは髪を痩せさせてしまい、抜け毛の原因になると何かの本で読んだので、石鹸シャンプーに挑戦することにしたのです。

 最初は髪がかなりごわごわしてきたので、使うのをやめた方が良いかと迷いましたが、毎日頑張って石鹸で洗っているうちに、なんとなく髪がつやつやとして、元気になってきました。そして香料などでごまかさないぶん、匂いなとで自分の体調の変化がわかるようになってきました。もちろん、夜はどんなに疲れていても、必ず髪を洗ってから寝るようにしました。

 食事面では、ポテトチップスや甘いお菓子などは控え、髪に良いタンパク質を多く取るようにしました。とくに、鶏肉やお豆腐などを積極的にとるようにしました。

 それまで、あまり運動する習慣がなかったのですが、週に3回程近くのスポーツクラブのプールで泳ぐようになりました。

 そのうち、無事に水商売をやめることが出来たので、派手な茶色だった髪の毛を黒髪に戻し、髪を短くし、それ以降染めるのを一切やめることにしました。

 すると一気に髪が増えてきたように思います。やはり、水商売の精神的ストレスが髪に一番良くなかったのではないかと思いました。

 生活習慣の改善に取り組んで、大体3年くらいで薄毛が治ったように思います。

Tags:
usugetaiken

更年期で薄毛になったこと

 現在55歳のアルバイトをしている主婦です。私がまず自分の薄毛に気がつきましたのは、わたしが50歳の誕生日を迎えた辺りの時でした。友人とショッピングをしていて、トイレに立ち寄った時にそのトイレの鏡を見て、頭頂部の髪の毛が薄くなっている自分が映っていました。

 普段は家の鏡でまじまじと自分の頭頂部を見ないので、そのトイレの照明が明るかったのもあり、現実を思い知らされたかのようでした。

 それから私は、いろいろの人の目が気になるようになりました。友人たちも私の薄毛に関して何も言って来ないですし、それがかえって気を遣わせていたのかと思い、途端に自分自身がすごく恥ずかしい気持ちでいっぱいになりました。

 主人も私の薄毛など気にしていないのか、何も言ってくれませんでしたし、子どもたちは思春期に入り、目も合わせてくれなくなりましたので、誰にも言われなかったことがこんなに切ない気持ちになるとは初めて知りました。

 そして私は自分がいつの間にか更年期に入っているということはそれまで気がつきませんでした。ですが、思い返してみればそれらしいことは多々ありました。まず、汗をすごくかくようになったことです。仕事柄動くこともたくさんあるのですが、今まで以上に汗をたくさんかくようになりました。

 そのほかにも気持ちの面でいろいろ心境の変化があったかなと思います。50歳までは子育ても忙しくて、周りの目など気にする余裕もなかったのですが、50歳を過ぎていろいろなことが落ち着くようになると、すごく余計なことばかり考え過ぎてしまい、関わる人の目がすごく気になるようになりました。

 毎日毎日あの人は今わたしの言葉で怒ってないかなとか、すごくジロジロ見られるけど顔に何か付いているのかななど、些細なことが気になって仕方がなくなりました。それからわたしはそういった症状があると友人に相談をしたところ、更年期障害なんじゃないかなと指摘されました。

 そして、この薄毛も更年期のせいなんじゃないかと思い始めました。なのでそれからわたしは更年期の症状を和らげれば薄毛もなくなるのではないかと思い始め、更年期障害を改善してくれるサプリメントを飲むことにしました。

 本当に効果があるのか半信半疑でしたが、諦めずに飲み続けたところ、更年期のイライラや心の不安な気持ちも改善され、薄毛も次第に気にならなくなり、思い切り鏡を見ることができるようになりました。

Tags: ,
usugetaiken