更年期で薄毛になったこと

 現在55歳のアルバイトをしている主婦です。私がまず自分の薄毛に気がつきましたのは、わたしが50歳の誕生日を迎えた辺りの時でした。友人とショッピングをしていて、トイレに立ち寄った時にそのトイレの鏡を見て、頭頂部の髪の毛が薄くなっている自分が映っていました。

 普段は家の鏡でまじまじと自分の頭頂部を見ないので、そのトイレの照明が明るかったのもあり、現実を思い知らされたかのようでした。

 それから私は、いろいろの人の目が気になるようになりました。友人たちも私の薄毛に関して何も言って来ないですし、それがかえって気を遣わせていたのかと思い、途端に自分自身がすごく恥ずかしい気持ちでいっぱいになりました。

 主人も私の薄毛など気にしていないのか、何も言ってくれませんでしたし、子どもたちは思春期に入り、目も合わせてくれなくなりましたので、誰にも言われなかったことがこんなに切ない気持ちになるとは初めて知りました。

 そして私は自分がいつの間にか更年期に入っているということはそれまで気がつきませんでした。ですが、思い返してみればそれらしいことは多々ありました。まず、汗をすごくかくようになったことです。仕事柄動くこともたくさんあるのですが、今まで以上に汗をたくさんかくようになりました。

 そのほかにも気持ちの面でいろいろ心境の変化があったかなと思います。50歳までは子育ても忙しくて、周りの目など気にする余裕もなかったのですが、50歳を過ぎていろいろなことが落ち着くようになると、すごく余計なことばかり考え過ぎてしまい、関わる人の目がすごく気になるようになりました。

 毎日毎日あの人は今わたしの言葉で怒ってないかなとか、すごくジロジロ見られるけど顔に何か付いているのかななど、些細なことが気になって仕方がなくなりました。それからわたしはそういった症状があると友人に相談をしたところ、更年期障害なんじゃないかなと指摘されました。

 そして、この薄毛も更年期のせいなんじゃないかと思い始めました。なのでそれからわたしは更年期の症状を和らげれば薄毛もなくなるのではないかと思い始め、更年期障害を改善してくれるサプリメントを飲むことにしました。

 本当に効果があるのか半信半疑でしたが、諦めずに飲み続けたところ、更年期のイライラや心の不安な気持ちも改善され、薄毛も次第に気にならなくなり、思い切り鏡を見ることができるようになりました。

Tags: ,
usugetaiken

夜型生活で薄毛に

 35歳 サービス業をしています。8年前の事ですが、昼と夜2つ仕事をしていた時の事です。

 昼の仕事終わりと夜の仕事の始まる時間の幅の短さと夜の仕事の方は終わる時間帯が不規則で、後は若さから健康に無自覚だった為、昼や夕方はコンビニおにぎりやお菓子等で空腹を繋ぎ、夜は水商売にてホステスをしていた為にお酒を飲む事や食べる事も仕事のうちというのもありますがその環境下から、お酒を沢山飲み、チーズやお菓子等高カロリーなおつまみを食べたり夜中にラーメンや焼肉、お寿司という外食が増え、野菜もろくに採らない生活が続いていました。

 元々ファーストフード好きな所があるのでファーストフードの利用も多く、フライドポテトやハンバーガーは多い時には週4日食べました。一人暮らしで時間も作れないので自炊しずにピザやファミリーレストランからの出前を取り、毎日高カロリーで野菜不足な食生活でした。土日もほぼコンビニ弁当か外食でした。

 ストレスから甘い物も食べたいだけ食べていました。プリンは多い時には1日3個、ケーキやアイスは週4~5日、コーヒーは1日に10杯程飲み、水はあまり飲まず、コーラやメロンソーダ等の炭酸ジュースも沢山飲んでいました。友人との外食や飲み会も多く、居酒屋での串揚げ等の油物を摂っていて、朝のコーヒーも、寝起きで何も食べずにいきなりブラックコーヒーを沢山飲む等の無茶をしていました。

 その後5年程経ち、髪を洗った時に沢山の毛が抜けていたり、髪を乾かす時や、結ぶ時にも沢山の毛が抜け落ちていて、生え際辺りが薄毛になっている事に気付きました。女性ホルモンのバランスも崩れ、生理も不規則になりました。

 気付いてからはまず食生活の変化をしようと青汁と酵素ドリンクを毎日飲み、野菜中心にし、お酒の量を減らし、甘いものはごくたまににして、朝は白湯を飲んで体を温めてから食事、その後にコーヒーを飲む事に変え、ご飯にごまをかけて食べたり、海苔やワカメを1日1回は摂るようにし、亜鉛、ビタミン、カルシウム、鉄分サプリも飲むようにしました。

 シャンプーは抜け毛防止効果のある物を使い、夜髪を乾かす前と朝起きた時には育毛剤を付けています。ホルモンバランスが崩れないように仕事量を減らし、早寝早起きを心がけて睡眠もしっかり取り、ストレスを減らす努力もしています。運動も必要だと思ったので、ヨガも始めて自律神経のバランスも取れるようにしています。

 食生活を改善した事により、薄毛も少しづつ改善してきていますが、まだまだ気が抜けないので今後も特に食生活に気を付けて生活していこうと思っています。

Tags:
usugetaiken

頭皮の乾燥と痒み、そして薄毛に悩む日々

 毎日幼稚園児の子育てに追われる31歳主婦です。27歳の頃から頭皮の乾燥と痒み、フケに悩まされていました。

 年中季節を問わず頭皮が乾燥している状態なので、色の濃い服を着ると肩の部分に落ちたフケが目立ってしまい着る服も選ばなくてはなりませんでした。頭皮の乾燥が気になりだした4年前はちょうど息子を出産した時期でした。その頃から肌質が変わり乾燥しやすくなったように感じます。

 フケに効果のあるシャンプーを試しても改善されずすぐにフケがでるし、ピリピリとした痒みが辛かったです。初めての妊娠出産で自分に余裕がなく、すぐに食べられる菓子パンやインスタント食品に頼ってしまい食生活が乱れがちになっていたのも原因の1つかもしれません。

 頭皮の乾燥対策として椿オイルやココナッツオイルでマッサージしたり、シャンプーを週に1回と決めてお湯で洗髪する湯シャンも試してみましたが結局頭皮の乾燥は改善されませんでした。それどころか洗髪する際、両指に大量の抜け毛が絡み付くようになり一回の洗髪で排水口が詰まるほどごっそりと髪が抜けるようになりました。

 お風呂上がりに軽くタオルで髪を拭いているだけでも足元にするすると髪が抜け落ちていきます。洗髪時、明らかに毛髪の量が減ったとわかるほどスカスカでシャンプーの量も以前と比べてほんの少しですむようになりました。生え際もどんどん後退していきこれはまずいかもと真剣に考えるようになったのが28歳の時でした。

 抜け毛が悪化しはじめてから恐くて自分の頭頂部を見ることができませんでしたが、息子を幼稚園に送り出す時にしゃがんで名札をつけてあげている際息子から「お母さん頭ハゲてる~」と無邪気な笑顔で指摘され現実を受け止めました。会わせ鏡で恐る恐る頭頂部を見るとショックな事にかなり薄く頭皮が見えている状態でした。

 乾燥からくる薄毛の改善をはかろうと、コラーゲンを飲んだり女性用の育毛剤を塗ったりと色々試しましたがこれといった効果はなく抜け毛の量は減りませんでした。

 今は頭頂部の薄毛を誤魔化す為にサイドから髪を持ってきて後ろで1つ結わきにしています。しかし、前髪の生え際の後退は隠しきれず現在も悩んでいます。

 髪に良いとされるミネラルを含む海藻を食卓に取り入れたり若返りのビタミンと言われるビタミンEを豊富に含むサーモンやアーモンドなどを積極的に摂取して体の内側から頭皮の乾燥と抜け毛予防の対策をしています。

Tags: , ,
usugetaiken