フケかゆみ、薄毛は放って置いても治らない

 現在34歳でカメラマンアシスタントをしており、日々長時間の肉体労働をしております。睡眠時間はとても不規則で長年食生活も偏っておりその生活習慣は頭皮にも影響が出てくるようになりました。

 夏は外でのロケが続き長時間頭皮は紫外線を浴び続けました。それでも特に頭皮のケアは考えずいつも通りシャンプーとコンディショナーだけで済ませてました。夏が終わり空気が乾燥した秋が始まる頃には頭皮のダメージがやがて慢性的なフケかゆみを引き起こすようになりました。

 元々20代半ばから秋になると頭皮が乾燥しやすくシャンプーしてもフケかゆみが治らずかゆくて頭をかきむしってしまうことがよくありました。そのまま頭皮のケアや薄毛などに気を使わずにいましたが去年(33歳)あたりから髪の毛が抜けやすくなってきた事に薄々気づき始めました。元々遺伝的に私は女性の中でも毛量が多く美容院へ行く度に髪の毛が多いと言われておりましたが32歳を過ぎた頃から髪の毛が多いとは周りから言われなくなり、また髪の毛が細くなってきたのです。

 特に女性は夏から秋に季節がうつり変わる頃は抜け毛が最も増える時期と言われており、掃除をしたばかりなのに自宅の床には自分の髪の毛が散らばっていることもしばしばあります。白髪予防についてはあらゆる対策をしておりましたが抜け毛の対策はしたことがそれまでなく、何からすれば良いのかわからなかった私はとりあえずネットで抜け毛対策と調べてみることにしました。

 やはりまずは頭皮の乾燥によるフケかゆみを治すことから始めることにしました。それからヘッドスパが得意な美容院を探し幾つかの美容院でヘッドスパをしてもらい一番良さそうなところに通うことにしました。やはり気持ちよくマッサージしてくれる美容師さんはなかなか見つかりませんでしたが諦めず相性のいい美容師さんを見つけ月に一度リラクゼーションも兼ねてヘッドスパに通うようになりそれだけでも頭皮のストレスはかなり軽減されました。

 その他には市販のコンディショナーを髪だけにいい商品から頭皮のケアにもなるコンディショナーに切り替え自宅でも頭皮にうるおいを与えながらマッサージをするようになりました。そうすることで頭皮のフケかゆみがかなり気にならなくなり枕や床に髪が抜け落ちる事も少なくなりました。

 あと抜け毛の予防としてはやはり髪の毛の量は血液の濃度によって変わってくるとのことで、ヘム鉄などのサプリメントを服用したり鉄分を多く含む食材を選んで取るようにしてます。あとは肌全体の乾燥を防ぐためオリーブオイルなどの良質は油分を摂取することが効果的ではないかなと思います。結果的に髪の毛の量は増えてはいないと思いますが確実に抜け毛は食い止める事が出来ております。

Tags: ,
usugetaiken

自分が薄毛になるとは思ってもみなかった

 毎日子育て、仕事、家事に追われ、いつの間にかアラカン49歳になってました。

2人の息子は大学生と高校3年の年子ですが、手のかかる時期は過ぎ、お金のいる時期に突入。朝5時起床でお弁当を作り、8時から事務員として5時まで働き、夜は夕食作り、息子達の迎え等忙しくしていたある日、会社の鏡と自分の手鏡で頭頂部を見るとなんと薄くなってるではありませんか。

 美容代を倹約するあまり、髪は伸ばしっぱなしで普段はバレッタで止め、白髪も多く市販の髪染めで染めてました。そのせいか、髪に全く栄養がなくバサバサになり、年のせいなんて悠長にしてたらこの有様です。早速会社休みの日に友人に相談したら、自分が行ってる美容室に行ってごらんとアドバイスしてくれました。その美容室は自然の漢方染めというのをしていて、値段もそんなに高くなかったので即決でしてもらいました。あとバサバサになってた髪も思いきり、切りました。いい色に染まり、ヘアスタイルも若返った感じです。気になる頭頂部もヘアカットの技術で気にならなくなりました。美容師さんは定期的に漢方染めすると毛も多くなりますよってアドバイスしてくれました。

 まさか自分の髪の毛がこんなに薄くなるとは思いもしませんでした。若い頃は髪質もしっかりして一本一本が太くツヤツヤの髪だったのに。まだ高校生位の頃、母の薄くなった髪を見て、自分はこうならないなって自信があったのです。でも年齢とお手入れを怠るとたちまちこうなると実感させられ非常にショックでした。こんな姿で昔の若くてまだ痩せてた自分の姿を重ね合わせまだまだ若い気でいたのに。悲しいですね。自分がおばあちゃんになっていくようで。

 だから美容代はあまりケチらずにひと月に1回は美容室に行くようにしました。家ではシャンプー、トリートメントをしてしっかり洗い流し、必ずドライヤーで乾かして寝るというのを徹底しました。ヘアスタイルは大好きなショートボブで。

 すると周りから若返ったとお褒め?のお言葉を頂き、自分自身生き生きと過ごす事が出来て前よりも元気で健康的になりました。髪だけではなく肌のお手入れも自分の経済状況に合わせ怠らないようにしたら少し肌もきれいになったみたいです。

 とにかく髪も肌もきれいにしておく事ですね。忙しさにかまけて面倒くさくなりお手入れを怠るとたちまち年齢を感じます。ストレスをためず、美容にも気を使い、来月50になるので生き生きと若々しい女性でいたいと思います。

Tags:
usugetaiken

更年期で薄毛になったこと

 現在55歳のアルバイトをしている主婦です。私がまず自分の薄毛に気がつきましたのは、わたしが50歳の誕生日を迎えた辺りの時でした。友人とショッピングをしていて、トイレに立ち寄った時にそのトイレの鏡を見て、頭頂部の髪の毛が薄くなっている自分が映っていました。

 普段は家の鏡でまじまじと自分の頭頂部を見ないので、そのトイレの照明が明るかったのもあり、現実を思い知らされたかのようでした。

 それから私は、いろいろの人の目が気になるようになりました。友人たちも私の薄毛に関して何も言って来ないですし、それがかえって気を遣わせていたのかと思い、途端に自分自身がすごく恥ずかしい気持ちでいっぱいになりました。

 主人も私の薄毛など気にしていないのか、何も言ってくれませんでしたし、子どもたちは思春期に入り、目も合わせてくれなくなりましたので、誰にも言われなかったことがこんなに切ない気持ちになるとは初めて知りました。

 そして私は自分がいつの間にか更年期に入っているということはそれまで気がつきませんでした。ですが、思い返してみればそれらしいことは多々ありました。まず、汗をすごくかくようになったことです。仕事柄動くこともたくさんあるのですが、今まで以上に汗をたくさんかくようになりました。

 そのほかにも気持ちの面でいろいろ心境の変化があったかなと思います。50歳までは子育ても忙しくて、周りの目など気にする余裕もなかったのですが、50歳を過ぎていろいろなことが落ち着くようになると、すごく余計なことばかり考え過ぎてしまい、関わる人の目がすごく気になるようになりました。

 毎日毎日あの人は今わたしの言葉で怒ってないかなとか、すごくジロジロ見られるけど顔に何か付いているのかななど、些細なことが気になって仕方がなくなりました。それからわたしはそういった症状があると友人に相談をしたところ、更年期障害なんじゃないかなと指摘されました。

 そして、この薄毛も更年期のせいなんじゃないかと思い始めました。なのでそれからわたしは更年期の症状を和らげれば薄毛もなくなるのではないかと思い始め、更年期障害を改善してくれるサプリメントを飲むことにしました。

 本当に効果があるのか半信半疑でしたが、諦めずに飲み続けたところ、更年期のイライラや心の不安な気持ちも改善され、薄毛も次第に気にならなくなり、思い切り鏡を見ることができるようになりました。

Tags: ,
usugetaiken