髪の毛へのダメージで薄毛に

 私は、31歳の主婦です。高校生の頃から、縮毛矯正をかけ始めました。20歳頃から、おしゃれパーマをかけたり、カラーをしていました。それからは、ずっと順番にかけ続けていました。

 カラーは、2ヶ月に1回くらいのペースでした。生え際の色の違いが気になって、すぐに美容室にかけこんでいました。パーマやカラーを始めて、5年くらいたったときだったと思います。私は、髪の毛が長かったので、いつもひとつに結んでいました。そのせいもあってか、分け目が気になりだしたのです。あきらかに分け目が広がっていると思いました。

 毛先がカラーとパーマのダメージで根本の明るさと全然違ったので、少なからず、抜け毛に影響があると思いました。しかし、周りのみんなもカラーやパーマは、当たり前だったし、私は癖毛だったので、尚更頻繁に美容室に通わなければならず、そのまま続けていました。しかし、シャンプーしたときやドライヤーで乾かすときの抜け毛の多さにいつかはげてしまうのではないか?、と心配になりました。

 そこで、思いきって髪の毛の色を黒く戻しました。そして、これが最後だと縮毛矯正をかけました。髪の毛も肩くらいの長さに切り、結ばないでも良いようにしました。できるだけ、髪への負担を減らしたかったのです。そうすると、今まで目立っていた分け目が、ふんわりと髪の毛が持ち上がっているせいもあり、目立たなくなりました。

 カラーを辞めたことで、2ヶ月に1回の美容室通いもなくなり、楽になりました。できるだけ家でもトリートメントをしたり、髪をいたわることによって解決してきたように思います。癖毛なので、梅雨の前などは、髪の広がりやうねうねが気になるので、そのときは、美容室に行っています。

 パーマをかけてることで、髪の毛が扱いやすくなるからでもあります。自分のおしゃれを楽しむのは、とても良いことだと思います。しかし、ダメージを与えすぎて、薄毛になってしまったり、髪の毛が枝毛や抜け毛などのトラブルをかかえてしまうことは、よくないと思います。

 まずは、健康的な髪の毛と頭皮がないと、美しく保つことはできません。これからも、髪の毛を大切にしていきたいです。今は、髪の毛へのダメージが少ないカラーやパーマも出ていると思います。そういうものをうまく利用しながら、髪の毛のおしゃれを楽しんでいけたら良いと思います。今は、黒髪のロングですが、いつかは、またパーマやカラーを楽しみたいなと思っています。

usugetaiken