睡眠不足からくる薄毛に

 私が25歳のときのお話です。当時は新婚で、期待と不安を背負いながらの生活をはじめていた頃でした。仕事をやめ、専業主婦になったまではよかったのですが・・・。お付き合いをしているときは感じませんでしたが、いざ一緒に住み始めると、些細なことでケンカをし、お互いストレスが溜まる日々でした。食生活のズレや、掃除の仕方、生活費のことなどすれ違いが多く、胃が痛くて眠れない日が続いていました。布団に入ってから、1時間、2時間と寝付けない時間が長くなり、不眠気味になっていたと思います。

 薄毛に気づいたきっかけは、お風呂の排水溝でした。お風呂掃除をしていると、前より抜け毛が増えているような・・・?最初はその程度でした。

 抜け毛をみていると、長髪だったので旦那のものではありません。明らかに自分のものでした。それから毎朝、髪をセットしていると以前よりボリュームがでません。変だなあとは思っていたものの、まだ当時は25歳でしたし、まさか自分が薄毛になってしまうなんて、全く考えてなかったのです。それから、部屋の掃除をしていても、長い髪の毛が落ちている、枕カバーには、以前は気にもならなかった抜け毛・・・。

 おかしいなという感覚はありましたが、友達にも相談しにくく、家族にもストレスから来る抜け毛なんて話はできません。

 なんとなく気づきはじめて1ヶ月、しかし半年たつ頃には、会う人も気づくほどの薄毛になっていました。「どうしたの!?何かあったの?」といわれても、苦笑いでかわす日々・・・。

 さすがにまずいと思って、市販の薄毛対策の商品を使ってみましたが、全く効果を実感できず、落ち込んでしまいました。効果が得られず、何商品も使ったのですが、薄毛は改善しませんでした。私はもともと皮膚が弱く、毎月皮膚科に通っていました。そこでふと抜け毛が気になるとこぼしたのを覚えています。

 今思えばあたりまえなんですが、髪の毛って皮膚の一部なんですよね。つまりは、皮膚科で薄毛の相談はよくある話なんです。そこで医師が薬を処方してくれました。保険適応のものは、臭いが気になりましたが毎日塗り続けるとほんのり抜け毛が減ったような・・・?

 そこで思い切って、保険適応外の、臭いが気にならない薬の処方をお願いしました。そのあたりから、抜け毛のストレスも改善し、日々のストレスの緩和も心がけるようにすると、落ちている髪の毛、お風呂の排水溝の髪も気にならない程度に!そして、25歳らしい髪のボリュームに戻りました。私には、市販品は合わなかったのですが、思い切って皮膚科に相談してよかったです。

usugetaiken

生活習慣をかえ、ふさふさの髪に

 私が薄毛に悩みだしたのは27歳、OLをしていた頃でした。はじめは人から見ても分からなかったと思いますが、シャンプーをするときに抜け毛が増えたり、美容院に行ったときに「前髪が少ないから増やすね」と言われ、後ろの髪を少し前髪にするようなことが増えていきました。

 それから1年がたつ頃には、シャンプーで洗っても洗っても髪がベタベタするようになりました。さらに見た目にも前髪や頭上が薄いと感じられるようになってきました。帽子をかぶると髪がぺちゃんこになりとてもみっともないのです。さすがにこれはまずいと思い、皮膚科に相談に行きました。

 そこで「女性ではちょっと珍しいけれど、油で毛穴が詰まって、抜け毛が増え、新しい毛がにはえにくくなっている」と言われました。そしてまずは生活習慣を見直すように言われました。

 その頃の私は、激務のため睡眠時間が極端に短く、体も疲れきっていました。まずは仕事を減らし、7時間は睡眠をとり、生活リズムを整えることになりました。次に、食事は脂っこい物を控え、野菜をたくさんとることになりました。私はからあげやコロッケが好きでしたが、しばらくの間我慢することにしました。

 次にシャンプー、リンスをかえました。元々はドラッグストアに売っているような一般的な物を使用していましたが、美容院で売っているノンシリコンシャンプーにかえました。それ以降、初めて行く美容院では「シャンプーは何か特別なものを使っていますか?」と聞かれるようになりました。余計なものが入っていないシャンプーを使っていると、美容院でシャンプーしたとき泡立ちが違うので分かるそうです。

 生活習慣をかえて半年ほどした頃から、髪のベタつきがなくなってきました。すると髪がふわふわになり、薄毛が目立たなくなりました。さらに次第に抜け毛が減っていきました。抜け毛が多いときはシャンプーをすることや、お風呂の掃除をするのがとても怖く嫌だったのですが、楽しくなりました。そしてだんだん太い新しい髪がはえてくるようになりました。

 現在は33歳、出産も2度経験しました。産後はさすがに一時的に抜け毛が増えましたが、産後半年もすれば落ち着き、また元通りになりました。今は、あの時薄毛に悩んでいたのは何だったの?というぐらい、しっかりコシのある髪の毛がはえています。あの時に変えた生活習慣は、今もなるべく維持するようにしています。生活習慣の見直しは大切だと感じています。

usugetaiken

自分で考えた解決策

 31歳の主婦です。一番最初に分け目が広がっていることに気づいたきっかけは、写真でした。みんなと撮った集合写真の中で、私だけ分け目が広いというか薄毛になっていることが気になって仕方がありませんでした。

 それから、何気なく鏡に映った自分を見る度に髪の毛が気になって、どうしようもなかったのです。きっと原因は、いつも髪の毛を結んでいることと分け目を変えることがなく、いつも一緒であることだと自分で分析していました。また美容院に行くといつも地肌が日焼けしていることを指摘されていたので、それも原因なのではないかと思います。

 その原因を解決できれば、地肌や髪の毛にとってやさしい環境になるのではないかと考えたのです。まずは、髪の毛。結んでいないときや短く切ったときに髪の毛を下ろしている場合だとあまり気になりませんでした。しかし、職業柄、髪の毛を結ばなくてはいけなかったのです。髪の毛が邪魔になるので、いつもゴムできつく結んでいました。ゆるくなって、何度も結び直さなくてはいけない状況が嫌だったということもあります。ゴムできつく結ぶと、抜け毛が多い気がしましたので、シュシュで軽く結んだり、結ばなくても良いときは結ばずに過ごすよう心がけました。

 また分け目がいつも同じなので、くせがついてしまっていました。分け目を真反対にすると、とても違和感があるというか、落ち着かないと感じることも多く、初めは気になっていました。しかし、少しずつ分け目が違うことに慣れてきました。いつも同じ分け目だと、地肌もいつも同じ面がむき出しになっている状態なので、良くないのだなと思いました。

 そして、地肌が日焼けしていることについてです。これは帽子を被ったり、日傘を差したりして、直接太陽が当たらないようにしました。夏は特に紫外線が強く、顔や腕のように日焼けに対するケアが必要なのだと感じました。地肌には日焼け止めは塗れないけれど、他の肌よりも本来の地肌は白いのです。とても弱いので、紫外線から守ることで髪の毛にもダメージを受けさせることがないのだと思いました。

 今では、あまり薄毛が気になるこたがなくなりました。地肌や髪の毛にとってよいことを続けることで、改善されるのだと思います。たまにケアを忘れてしまうときもありますが、これから健康な髪の毛を維持できるように続けていきたいと思います。抜け毛など髪の毛や地肌のダメージによって起こると思いますので、時間をかけてケアをしていきたいです。

Tags:
usugetaiken