頭皮の乾燥と痒み、そして薄毛に悩む日々

 毎日幼稚園児の子育てに追われる31歳主婦です。27歳の頃から頭皮の乾燥と痒み、フケに悩まされていました。

 年中季節を問わず頭皮が乾燥している状態なので、色の濃い服を着ると肩の部分に落ちたフケが目立ってしまい着る服も選ばなくてはなりませんでした。頭皮の乾燥が気になりだした4年前はちょうど息子を出産した時期でした。その頃から肌質が変わり乾燥しやすくなったように感じます。

 フケに効果のあるシャンプーを試しても改善されずすぐにフケがでるし、ピリピリとした痒みが辛かったです。初めての妊娠出産で自分に余裕がなく、すぐに食べられる菓子パンやインスタント食品に頼ってしまい食生活が乱れがちになっていたのも原因の1つかもしれません。

 頭皮の乾燥対策として椿オイルやココナッツオイルでマッサージしたり、シャンプーを週に1回と決めてお湯で洗髪する湯シャンも試してみましたが結局頭皮の乾燥は改善されませんでした。それどころか洗髪する際、両指に大量の抜け毛が絡み付くようになり一回の洗髪で排水口が詰まるほどごっそりと髪が抜けるようになりました。

 お風呂上がりに軽くタオルで髪を拭いているだけでも足元にするすると髪が抜け落ちていきます。洗髪時、明らかに毛髪の量が減ったとわかるほどスカスカでシャンプーの量も以前と比べてほんの少しですむようになりました。生え際もどんどん後退していきこれはまずいかもと真剣に考えるようになったのが28歳の時でした。

 抜け毛が悪化しはじめてから恐くて自分の頭頂部を見ることができませんでしたが、息子を幼稚園に送り出す時にしゃがんで名札をつけてあげている際息子から「お母さん頭ハゲてる~」と無邪気な笑顔で指摘され現実を受け止めました。会わせ鏡で恐る恐る頭頂部を見るとショックな事にかなり薄く頭皮が見えている状態でした。

 乾燥からくる薄毛の改善をはかろうと、コラーゲンを飲んだり女性用の育毛剤を塗ったりと色々試しましたがこれといった効果はなく抜け毛の量は減りませんでした。

 今は頭頂部の薄毛を誤魔化す為にサイドから髪を持ってきて後ろで1つ結わきにしています。しかし、前髪の生え際の後退は隠しきれず現在も悩んでいます。

 髪に良いとされるミネラルを含む海藻を食卓に取り入れたり若返りのビタミンと言われるビタミンEを豊富に含むサーモンやアーモンドなどを積極的に摂取して体の内側から頭皮の乾燥と抜け毛予防の対策をしています。

Tags: , ,
usugetaiken